FT3操作方法

このガイド動画を見ていただければ、ForexTester3購入後、すぐにテストが始められるようになります。データのダウンロードから動作させるまでの手順を解説。(下記はBasicデータ)

 

例えばUSDJPYを4つの異なる時間足で4画面表示させすべての時間足のチャートが連動して動作させながら検証したいというチャート設定の方法(下記はBasicデータ)

Forex Tester3は異なる通貨ペアのチャートをいくつでも開くことができます。そして、リアルチャートのようにすべて連動して各チャートを同時に動かすことができます。(下記はBasicデータ)

例えば、移動平均線をチャートに表示させたい場合の手順を動画で解説します。ForexTester3は45種類のインジケーター、オシレーターを設定できます。設置方法はどれも同じです。

 

ForexTester3は、上記で設定したインジケーターや、チャートの色、形状などの設定内容を一つのパターンとしてテンプレートにして保存しておます。 テンプレートにしておくことで、新たにチャートの表示を増やしたときに一から設定することなく、保存したテンプレートを呼び出すだけでマイ設定のチャートが出来上がります。

 

「成り行き注文」

ツールバーの注文、新規成り行き注文。あるいは、ツールバーの”新規シート”をクリック。あるいは、キーボードにて「F2」を押してください。
*テスト開始が押された状態に限ります

 あるいは・・

成り行き注文 画面にて、損切、利確を設定できます。

「買い」(BUY)、あるいは、「売り」(SELL)をクリックします

 

「IFD注文」

ツールバーの注文、新規指値/逆指値注文。あるいは、ツールバーの”P”をクリック。あるいは、キーボードにて「F3」を押してください。
*テスト開始が押された状態に限ります

 あるいは・・

指値、逆指値は、下記の名称にて指定してください。現在値を基準に設定してください。

ドロップダウンメニューを1度クリックし、ロットサイズを選択する。

注文する価格を設定してください。

利確、損切を設定してください。

注文してください。

 

マーケット情報や統計、口座履歴などのパネルを表示・レイアウトを変更することができます。

 

 

チャートの一時停止、動作速度の変え方、手動でのチャート操作、タイムフレームの調整に焦点を当てた動画です。

 

データセンターを開く、タイムフレームを調整する、水平線等を引く、など検証に便利な機能があるツールバーの表示、動かし方の動画です。

 

テスト開始時にチャートがない、データ無し、Nodata、などと表示される場合は動画のように、テスト開始を押すと解決されます。

チャートを読む際によく使用されるフィボナッチツールの設定方法を解説した動画です。

 

当サイト ご購入者様にプレゼント!

  • 書下ろしオリジナル指南書 全140ページ
  • チャートの読み方が分かります
  • トレードのシナリオをたてられる
  • 使うのはダウ理論と水平線とフィボナッチのみ
  • 初心者の方におすすめ!