ForexTester5 初歩的な使い方
 ~ForexTester5・4共通の基本操作

下記①~④のガイド動画を見ていただければ、ForexTester購入後、すぐにテストが始められるようになります。データのダウンロードから動作させるまでの手順を解説。(下記はVIPデータ)

FT5の外観(インターフェース)はFT4と同じ表示にできます。

①チャートデータのダウンロード

まずはチャートデータのダウンロードを行います。下記FT5はFT4と同じ操作パネルに切り替えて説明。操作方法はFT4と同じです。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

データセンターを開くには画面上部のデータタブのデータセンターアイコンをクリックします。

*旧インターフェースの場合は画面左上のデータセンターアイコンをクリックします。

シンボル(通貨ペア)を選択して、サーバーからアップデートを押します。
ブローカー(ソース)はVIPならadvanced data feed
StandardならStandard data feed
BasicならForexiteを選択してください。

このようなウィンドウが表示されます。
◇情報ボックスにはブローカー、通貨ペア、データの期間、データのタイプが表示されます。

◇データレンジボックスは、ダウンロードしたい過去データの期間を設定できます。             
「最新の過去データをダウンロード」オプションを選択すると、 例えば、2015年1月1日までダウンロードしていた場合、2015年1月1日から最新のデータまでをダウンロードし、
元々あったデータと統合します。             
常時過去データを更新したいときに便利な方法で、いつも過去データを最新の状態にできます。
もし、過去データが何もない(もしくは、過去データを削除した)場合は、選択した通貨ペアの全過去データをダウンロードします。

「一部の過去データをダウンロード」オプションを選択した場合は、選択した期間の過去データを取得します。
すでに過去データが入っているときは、元々入っていたデータと結合される形でダウンロードされます。

◇ダウンロードするデータを選択ボックスの中では、ダウンロードする過去データのタイプを選べます。
・1分足、ティックデータをダウンロード(推奨)→VIPデータの場合、こちらを選択してください。
・1分足データだけをダウンロードしたい場合は、このオプションを用いてください。Basic、Standardデータの方はこちらを選択してください。
・ティックデータのみダウンロード→ティックデータのみをダウンロードします。
※ティックデータはVIPデータサービスでのみ使用可能です。

「アップデート」ボタンをクリックすると、このようにダウンロードが開始されます。
※選択した通貨ペアや期間が長い場合、お使いの通信環境によってはダウンロードに時間がかかります。


完了するとこのように、データセンターに緑色のラインが表示されます。
データの開始日と終了日は緑のラインの下に表示されます。

②新規プロジェクトの作成

次に、プロジェクトの作成を行います。プロジェクトの作成が終わればテスト開始できます。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

プロジェクトを作成するには画面左上の
ファイル→新規プロジェクト作成、もしくは新規プロジェクト作成アイコンをクリックします。

新規プロジェクト作成ウィンドウが表示されます。
このウィンドウで、プロジェクトの名前を入力、決定し、証拠金(USD)を設定します。
※FTは全てドル建てとなります。
入力が完了したら「次へ」をクリックします。次のウィンドウで下記の設定を行います。

シンボル選択のリストから、テストをしたい通貨ペアを選択します。
複数の通貨ペアを同時にテストしたい場合はここで複数選択しておきます。
テスト開始期間の「開始時間」と「終了時間」には、テストをしたい期間の日付を入れてください。
◇テストクオリティは、テストに使用するデータの種類を設定します。
※データセンターにて1分足とティックデータをダウンロードしている場合は
「1分とティックデータを使用する」にチェックを、1分足データのみダウンロードしている場合は
「1分データを使用する」にチェックを入れてください。
◇高度な設定ボタンを押すと次のような設定ウィンドウが開きます。

1. 「OHLCポイントでティックを変換」
このオプションを選択すると、各ロウソク足は始値/高値/安値:/終値の1~4つのティックから形成されます。

2. 「ボリュームを使ってランダムにティックを変換」
このオプションを選択すると、1分足の中に入っているティック数は、そのロウソク足のボリュームと同じになります。
ティックは1分足の中にランダムに設置されます。

1分とティックデータを使用する、にチェックを入れていた場合、
「変動スプレッドを使用」オプションが使用可能になります。
設定が完了したら「次へ」を押してください。
チェックした通貨ペアと設定したテスト期間を照らし合わせてデータに欠けがある場合は
次のようなウィンドウが表示されます。

このウィンドウでは、プロジェクトにデータが存在しない期間を確認することができます
欠けている部分は赤色のラインで表示されます。
不足しているデータが多く、埋めてから作りたい場合は
「不足データをダウンロード」ボタンをクリックして、この通貨ペアのデータをダウンロードしてください。
この行程が必要ない場合は「次へ」を押してください。
※欠けている部分はチャートに表示されません。


次に、このようなウィンドウが表示されます。


このウィンドウでは下記のような設定を行います。
タイムゾーンは選択した全ての通貨ペアに対して適用されます。デフォルトの設定は、GMT+0です。

「セッション・クローズタイム」を使用して、各地域のクローズタイムに応じてタイムゾーンを変更することができます。
4つのセッションクローズタイム(シドニークローズ、東京クローズ、ロンドンクローズ、ニューヨーククローズ)が選択可能です。
1つを選択すると、タイムゾーンが自動的に対応するGMTに設定されます。

デフォルトでは、DSTは設定されていません。
必要であれば、ドロップダウンメニューから適用したいDSTを選択してください。

「データの最初からテストを開始」を選んだ場合は、前のウィンドウで設定した「開始時間」の日付からテストを開始します。
「スタート開始日を決定」を選択した場合は、設定したテスト期間の中で好きな日付からテストを開始できます。
※開始日時へ日付を入力するか、目盛りで選択します。

「作成後、テスト開始」を選択した場合、プロジェクト作成後に自動でチャートが動き始めます。
※チェックを入れない場合、テスト開始ボタンを押すことで動き始めます。

「前進限定モード」にチェックを入れるとチャートの停止、巻き戻しなどの操作ができなくなります。
後戻りができなくなりよりトレードに近い形で検証が可能になります。

③複数通貨ペア、複数時間足チャートの表示

複数通貨を同時表示、及び、複数時間足(マルチタイムフレーム)の表示方法についての動画です。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

テスト中に複数通貨、複数時間足のチャートを表示したい場合は
まず、プロジェクト作成時に複数の通貨ペアにチェックを入れる必要があります。
プロジェクト作成については前述の「②新規プロジェクトの作成」をご参照ください。

チャートの数を増やしたい場合は画面左上の
ファイル→新規チャートを追加、から通貨を選択すると画面に表示されます。

画面上部の「ウィンドウ」を押して垂直分割、もしくは水平分割を押すと
このようにチャートが分割表示されます。

タイムフレームを変更したい場合は、
変更したいチャートをクリックし、アクティブな状態にした後、
画面左上の「タイムフレーム」のドロップダウンメニューから変更したいタイムフレームを選択します。
これで複数通貨、複数時間足のテストができます。

④注文 について

注文の操作についての説明です。成り行き注文、指値注文などの操作が可能です。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

注文ウィンドウは、画面上部の「注文」もしくはこちらのボタンから

もしくは画面下部の「オープンポジション」タブで右クリック
またはチャート上で右クリック、から開くことができます。

成り行き注文を開くとこのようなウィンドウが表示されます。

このウィンドウから新規成行注文を入れられます。
スポイトボタンを押すと、チャートから直接損切、利確の値を設定できます。
また、損切、利確の値を直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算することもできます。
「売り」、「買い」のチェックは、自動計算するときの計算モードの選択になります
リスク計算を選択した場合は、損切の値を入力する必要があります。

指値/逆指値注文を開くとこのようなウィンドウが表示されます。

設定方法については成り行き注文と同様です。

チャート上で右クリック、から注文をする場合はこのようなメニューが表示されます。

このメニューでは、右クリックした時点での価格(現在の価格)が表示されます。
現在の価格より上でクリックした場合は売り、下でクリックした場合は買いの成り行き注文ができます。
指値/逆指値の場合は選択した後ウィンドウが表示されますのでそこで設定を行います。

基本的な操作とそれに必要な各メニューについて

データセンターでできること

通貨ペアの追加・削除及びダウンロードやプロパティの変更、通貨ペアの設定等はすべてデータセンターで行います。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

データセンターを開くには画面上部のデータタブのデータセンターアイコンをクリックします。


旧インターフェースの場合は画面左上のデータセンターアイコンをクリックします。

データセンターウィンドウには下記の項目があります。

①シンボル(通貨ペア)のリスト

このリストでできること↓
◇バックテスト用に通貨ペアの選択。
選択した通貨ペアの詳細情報は、ウィンドウの右に表示されます。

◇通貨ペアのデータ削除(リストの下にある削除ボタンをクリック)
削除ボタンをクリックすると、選択したすべての通貨ペアが削除されます。

◇通貨ペアの追加(リストの下の追加ボタンから)

◇グループ設定をした通貨ペアの選択
例えば、リストにある全ての通貨ペアを選択し、全ての過去データを同時にダウンロードできます。
通貨ペア名の横にあるボックスにチェックを入れ、同時に設定(ダウンロードデータ、レバレッジの変更など)ができます。

②通貨ペアのプロパティ変更ボタン


プロパティーを変更、を押すと通貨ペアのプロパティを変更出来ます。
「シンボルプロパティ」ウィンドウには一般タブと手数料タブがあります。


一般タブでは、以下の設定を変更できます。
◇シンボル名→シンボル(通貨)の名前。
◇シンボルタイプ→シンボルの種類。
◇グループ→シンボルが参照するシンボルリストのグループ。
◇ロット通貨→ロットの通貨。
◇ベース通貨→ベースとなる通貨。
◇ロットサイズ→ロット通貨での1ロットの金額。
◇レバレッジ→1ロットのロットサイズとマージンの比率。
ブローカーはそれぞれ異なるレバレッジを使用するため、普段ご利用のブローカーが使用しているレバレッジを使用することをお勧めします。
◇小数点以下の値→例えば4桁にするとチャートに1.2500、5桁にすると1.25001、のように表示されます。
◇スプレッド,ポイント→スプレッドの値。
◇プライス,ポイントからの最小幅→注文時に設定する利確、損切の値が注文ポイントからどれだけ離れていれば良いか決定します。
◇証拠金通貨 – 証拠金の通貨の種類。
◇1ロット当たりの証拠金→1ロットの証拠金。
◇ヘッジ証拠金→1ロットのヘッジポジションに対して計算される証拠金。
ここの証拠金の値を手動で入力する場合は、[レバレッジ情報を使用]オプションを無効にする必要があります

手数料タブでは次の内容を設定できます。


◇1ロットあたりの手数料→注文の執行、決済時の手数料を設定します。
ここでは、テスト中に手数料をいつ適用するかを選択することができます。
発生した手数料の金額は、画面下部の口座履歴タブで確認できます。
◇買いスワップ→買い注文を入れた際のスワップ。
◇売りスワップ→売り注文を入れた際のスワップ。
必要なオプションを変更したら、OKボタンを押してください。

③ダウンロードしたデータの詳細。


◇画面上の「タイムゾーン:GMT+0」という表記は
ダウンロードしたデータのタイムゾーンを表しています。
デフォルトではGMT+0に設定されており、こちらは新規プロジェクト作成の際に変更出来ます。

◇データクオリティ


画面に表示されている緑色のラインはダウンロードされたデータの状態を表しています。
緑色のラインの中に、赤い部分がある場合その場所は取引量が少ないもしくはデータが欠けています。

◇データの管理ボタン


これらのボタンにはそれぞれ下記のような役割があります。
「サーバーからアップデート」サーバーから通貨データをダウンロードする際に使用します。
データダウンロードの方法についてはこちらのページ(基本操作)をご参照ください。

「ファイルからインポート」PC内に保存されている通貨データファイルを取込むときに使用します。
ファイルは、.txt, .csvに対応しています。

「出力」Forex Testerに入っている過去データを、テキストファイルとして出力できます。
例えば、エクセルを使って、分析やストレテジーの開発を行うときに使用します。
Forex Testerはどのタイムフレームでも出力が可能です。

「ヒストリーをクリア」ボタンは、選択した通貨ペアの過去データを削除するときに使用します。
このボタンをクリックすると1分足、ティックデータが削除されます。
ブローカーを変更する際や、プロパティを変更した際にダウンロードし直す時などに使います。

④ニュースタブ


◇このウィンドウでは経済指標のダウンロードを行います。
プロジェクト作成前にここでニュースのダウンロードを行っておくと、
チャート下部に経済指標が表示されます。
※Basicデータの場合USのみ。

各パネルの説明及び表示・再表示とレイアウト

口座履歴や統計、オープンポジションなど、
ForexTesterに表示されるパネルの説明と操作についてです。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

画面上の統計や口座履歴などのパネルは
×ボタンで消すことができます。

誤って消してしまった場合はツールバー→ウィンドウ、から
各パネルを選択することで再度表示することができます。表示されているパネルはアイコンが薄青色になっています。


旧インターフェースの場合はツールバー→表示→パネルを表示、から再表示できます。


パネルには下記のような種類があります。

◇シンボル
現在のプロジェクトに入っている通貨ペア名がリスト化されます。
売値、買値、スプレッドも表示されます。

◇ティックチャート
ローソク足の値の変更を表示します。

◇統計
検証の結果などについて各種情報が表示されます。
(ポイント、総トレード数、勝率、等)

◇スクリプト
使用可能なスクリプトがすべて表示されます。

◇データウィンドウ
現在のローソク足の情報が表示されます。
(日付、ローソク足の時間、始値、安値、高値、終値、ボリューム等)
ローソク足の情報を見るにはそのローソク足にカーソルを合わせてください。

◇オープンポジション
すべての未決済ポジションを表示します。
このパネルから注文の変更、決済も可能です。

◇指値注文
すべての指値/逆指値注文が表示されます。

◇口座履歴
決済した注文の一覧と詳細を表示します。

◇ジャーナル
技術的な情報の履歴を表示します。
(インジケーターのロード、注文の執行、変更、決済等。)

◇ニュース
ファンダメンタル情報(経済指標)を表示します。
日時、シンボル、プライオリティ(優先度)、アクチュアル(影響度)、
フォーキャスト(専門家の予測)、過去(過去に起こった類似のイベントからの予測)。

◇ノート
作成したメモの一覧の表示、編集、追加が行えます。

◇グラフィックパネル
グラフィックツールのリストが表示されます。リスト内のアイコンをクリックすると、
チャートにそのグラフィックツールが書き込めます。


パネルを再表示すると、このように分離したウィンドウで表示されます。

デフォルトのように固定したい場合は
パネルのウィンドウをドラッグアンドドロップにて画面の左右もしくは下に設置します。

同じ場所に複数置いた場合はタブで切り替える形になります。

注文の修正や決済

注文の変更や一部決済についての説明です。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

注文を出した後、未決済の場合は注文内容及び設定の変更が可能です。
注文の修正をするには画面下部のオープンポジションタブに表示されている注文の上で右クリックを押してください。

または、画面上部の注文タブを押し、「注文を修正」ボタンを押してください。


注文を修正、を押すと下記のようなウィンドウが開きます。
このウィンドウでは注文内容の再設定が行えます。

注文内容の項目、設定については「④注文について」をご参照ください。

インジケーターを表示させるまでの手順

例えば、移動平均線をチャートに表示させたい場合の手順を動画で解説します。設置方法はどのインジケーターでも同じです。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

インジケーターを適用するにはホームにある下記のボタンを押す、
またはチャート上で右クリック→インジケーターを追加、を押してください。

旧インターフェースの場合は画面上部の「挿入」ボタンを押し、インジケーターを追加を選択してください。
こちらもチャート上で右クリック→インジケーターを追加、でも可能です。

インジケーターは機能に従って下記の6つのグループに分類されています。
◇トレンドインジケーター
◇オシレータ
◇ボリュームインジケーター
◇ボラティリティインジケーター
◇アダプティブインジケータ
◇カスタムインジケーター
独自のインジケーターを追加した場合、それらはカスタムインジケーターメニューに表示されます。

各インジケーターを選択するとインジケータープロパティウィンドウが開きます。
※こちらはMAの場合。

インジケーターのパラメーターを変更するには、項目欄をダブルクリックするか、
左クリックで選択後、”Enter”キーを押してください。
設定項目により、ドロップダウンメニューから選択したり、数値を入力する場合があります。

変更をキャンセルするには、キーボードの「Esc」キーを押してください。
変更を行うなら、「Enter」キー、またはマウスの左クリックを押してください。
各インジケーターは適用時に設定したタイムフレームでのみ表示されるようになっています。
これはソフトウェアの最適化のために行っています。
必要のないタイムフレームにも適用されてしまうと、バックグラウンドでずっと処理を行うため
PCの処理能力によっては重くなってしまい、テストスピードが遅くなる、停止してしまうなどの問題が起こることがあります。
そのため、テストに必要な時間足だけにインジケーターを表示することをおすすめします。
「タイムフレーム」タブから、インジケーターを適用する時間足を設定できます。

インジケーターを編集するときは、インジケーターのライン上で右クリックをしてください。
次のようなウィンドウが表示されます。

インジケーターのプロパティを編集する、もしくはチャートから削除する、のどちらかを選択できます。
また、現在適用されているすべてのインジケーターは「インジケーターリスト」で確認できます。

インジケーターリストはチャート上で右クリック→インジケーターリスト、から開けます。
この画面でもインジケーターの編集は可能です。
※適用するタイムフレームはインジケーター挿入時のみ設定できます。

インジケーター適用の際の注意

お使いのPCのスペックによってはインジケーター適用時に動作が重たくなる場合があります。
例えば1分足にインジケーターを適用し、長期足のチャートに切り替えて検証を行うと、バックグラウンドでの処理は続行され動作が重たくなります。
インジケーターを適用して重たくなった場合は、必要な時間足にのみインジケーターを適用してお試しください。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

インジケーターを挿入する際、適用する数、タイムフレーム、範囲によってはPCの処理が追いつかなくなることがあります。
インジケーターが1つであれば、複数のタイムフレームに適用しても反映及びチャートの再生にはそれほど影響はありません。
※それでも検証を続けて適用する期間が長くなると処理が増えて重たくなる場合があります。
複数の時間足にインジケーターを適用し、バックグラウンドでの処理が増えると重たくなる傾向にあるため、
Forextesterの動作が重たい、と感じた場合はインジケーターを必要な時間足にのみ適用することをお勧めします。

インジケーターを適用することで重たくなる原因とその対策①

インジケーターを適用することで重たくなる原因とその対策②

インジケーターを適用することで重たくなる原因とその対策③

チャートの動かし方・スピードの変え方

チャートの一時停止、動作速度の変え方、手動でのチャート操作、タイムフレームの調整に焦点を当てた動画です。

もっと詳しく知りたい方はこちら 

テストを停止するには画面左上の「一時停止」アイコンをクリックします。


旧インターフェースの場合はテスト停止ボタンをクリックします。



テストを再開するには画面左上の「更新」アイコンをクリックします。


旧インターフェースの場合はテスト開始ボタンをクリックします。

チャートが一時停止状態であれば、
チャートの手動操作(ローソク足1本進む、1本戻る等)が可能です。
こちらのボタンから行います。


旧インターフェース


ティックパッケージのサイズは、対応するドロップダウンメニューをクリックすると変更出来ます。
※チャートの速度の変更に使えます。
ティックパッケージとは、例えば5分にすると5分足1本分ごと進む、1時間にすると、1時間足1本分ごと進む、
というようにローソク足の進むサイズを変更するものです。


旧インターフェース



テストスピードバーでもチャートのスピードを変更出来ます。


旧インターフェース



タイムフレームはこちらのタイムフレームウィンドウから変更出来ます。


旧インターフェースではドロップダウンメニュー

Forex Tester ご購入ありがとうございます。初心者トレーダー様に進呈いたします。

ダウ理論と言っても、実はその真意はとても一言では伝わらない深い定義があると思います。
このPDFでは、大小の時間足が持つ『波』の基準を決め、その波をフィボナッチ・リトレースメント使い頂点を推し量り、波の大小で優位性を見極めるという裁量ロジックを使った考え方です。

当サイト ご購入者様にプレゼント!

  • 書下ろしオリジナル指南書 全140ページ
  • チャートの読み方が分かります
  • トレードのシナリオをたてられる
  • 使うのはダウ理論と水平線とフィボナッチのみ
  • 初心者の方におすすめ!